2009年01月27日

朝焼け

P1020880.jpg

朝焼けがとてもきれいな日だった。

今月に入って体重が6キロ落ちた。

元々標準体重より少し少ないくらいだったので、その分体力が落ちた。

痩せるのは良いが、あまり見た目が変わらないのはなじぇだ。
肌がどんどん汚くなってきた。

スカッとしたいなあ。

posted by よる子 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

カノープスさん

見えた!!!
と思ったカノープスさんは調べて考えた結果、既に沈んでましたw

では何だw
posted by よる子 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

HP更新

アクセス1000突破!
ありがとうございます。

HP更新。
衣替えしました!

http://terotix.s22.xrea.com/andante/


animal
sky
flower
sea
tree
snow
water   更新(つまり全部)


是非いらしてください。

cat035.jpg

flower013.jpg
posted by よる子 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

コル・ヒドレ

久々に夜空を見上げていたら、変な星を発見。

プレキオンとレグルスの真ん中辺りより下…。

火星はぎょしゃ座の近くまでいってしまったし、土星は獅子座のそばにあるし…。


家に帰って本を引っ張り出した結果、うみへび座のアルファルドだということが判明しました。
なんだー(´∇`)
ちなみに、海蛇の心臓です。

フォーマルハウトのようにぽつんと輝いているのが印象的だったのですが、アルファルドの意味が「孤独なもの」だそうで。
なるほどなるほど…。


今日は上弦の月です。
posted by よる子 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

清潔な冬

Image459.jpg
雲一つない簡潔した冬の空の美しさ。
posted by よる子 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

双子座流星群

ピークの一昨日は無理だったので、昨夜見てました。

40分で12コ。
寝そべって見る流れ星は良いです。

ちょうど天頂に冬のダイヤモンドがどーんとあって、中で火星が一段と明るく赤く輝いていました。
地上のどんな石よりもきれいです。
イヤ、実際宝石みたら星のことは忘れるケドw


「…あっ!!」というまに流れ星が流れていくので、願いごとを唱える暇がありません。
だから、常に願いごとを考えながら見てみたのですが、流れ星が流れると思考停止するのですw
だめだなー。


目が二つでは足りないなあとしみじみ思いました。
posted by よる子 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

オリオン座流星群

オリオン座流星群見ましたか?

私は昨夜も今宵も2つしか見られませんでした。

アンドロメダ付近とカペラ付近で見えました(´∇`)



…とかいいつつ、流れ星そっちのけで双眼鏡で遊んでますw

ヒアデス星団がかなり面白いです。肉眼では見えない星が散らばってます。

火星はふたご座の赤い靴に成り済ましているし。



楽しい季節になってきました。
posted by よる子 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

ペガサス座 β星 シェアト

ペガサス座 β星のシェアトは何色なんでしょうか?

自分が持っている本をいくつか見比べたところ、褐色星に見えます。

しかし、携帯の天文画像サイトでとってきた待受はどーー見ても淡い緑色。

んーー??


肉眼で色を判別出来るほど明るい星とは思えないし…疑問です。


緑色であってほしいです。←勝手
ペリドットみたいでキレイだから。


望遠鏡引っ張り出そうかなあ(;´д`)
posted by よる子 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

ひとつのしあわせ 3

今宵はやや霞んではいるものの、広いルーフバルコニーに寝そべり、好きな酒を飲みつつ、ライトと天体早見盤と天体雑誌を交互に取りながら、星空を見上げるというのは私にとって極上の一時だ。

大好きなヴァイオリンも同じく大好き過ぎて困るくらいのケーキも友人達も私を蝕む嫌な事も全て全て全て飲み込まれる。闇に吸収される。闇と星と一つになる。その一時が限りなく何よりも愛おしく掛け替えがない。

目をこらし、明るい星を一つ一つ辿らなければわからない薄ぐらい星を何かと調べている時など、尚良い。

酔いに任せて星空と一つになる。極上のしあわせ。
posted by よる子 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

火星発見

夜中の12時頃だと夏の大三角形に秋の星座に冬の星座の一部が見える。

天上はすごく賑やかで、ギリシャ神話の登場人物達に思いを馳せながら、なんともうきうきした気持ちを隠すことが出来ない。

ギリシャ神話の英雄達を頭上に、夏の大三角形は沈み、凍てつく冬に煌々と輝く冬の星座達が昇ってくる。
なんて贅沢な一時だろう。




…と(´∇`)
難しい文章はココまで(しか書けましぇーん

自宅からは北の空は明るくてあまり見えず、南はかなり遮られているので未確認のモノが多数ありますが、

12時頃だと、
★南西にフォーマルハウト
★南にミラ
★西に夏の大三角形
デネブを中心に北十字がどーんと構えています
★天頂にペガサス座とアンドロメダ
先ずは秋の大四辺形を探してみましょう!
★天頂より少し東側にペルセウス座
★東に牡牛座、オリオン座、ぎょしゃ座
アルデバラン、すばる、ヒアデス、ベテルギウス、リゲル、カペラが豪華絢爛。ぎょしゃ座のこやぎまで見えます。




ところで。
ベテルギウスとカペラの真ん中辺りにやたらに赤い明るい星が見えます。

「…ポルックスか?」

と思ったのですが、カストルが見当たらない…というよりちょうど昇ってきて町の光に大半を消されていたので違う…。

しかし、半端ない明るさ。
なんじゃありゃ…と考えていたのですが、アレは火星ですな!久々に見た気がします。

蠍座のアンタレスは火星と赤さを競うところから「アンチタレス→アンタレス」と命名されましたが、なるほど頷ける。南東で1番目立っていました。




明日からまた雨だからしばらく星は見られないけど、次回が今から楽しみです。
posted by よる子 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

絶対等級

星の明るさは等級によって表されます。
紀元前2世紀に肉眼で見える星を1〜6等星に分けました。

全天で1番明るいのはおおいぬ座のシリウスで、-1.5等星。これは実視等級と呼ばれる等級なのですが、もう一一定の距離にあった場合の明るさを示すものとして絶対等級というものがあります。

たとえば
シリウスは前に書いたように実視等級は-1.5ですが、距離は8.7光年にある為(←非常に近いっちゅーことです)絶対等級は1.4とへぼい。

毎日お世話になっている太陽の実視等級は-26.7ともう馬鹿みたいに明るいのですが、絶対等級だと4.8。あらららら?


人間も同じかもしれませんね。
近くにいるから明るく輝いて見える人。実は暗いかもしれません。

あは、キモいコト書いちゃったw
posted by よる子 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

日の出

Image766.jpg
早起きしたので見てました。海から昇る。
posted by よる子 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

夏の大三角形

こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブを結ぶと大きな大きな三角形が浮かび上がります。

これが有名な夏の大三角形。夏に空を見上げれば、見つけられないことの方が難しいよ的な星達です。

ベガ(0.0等級)
アルタイル(0.8等級)
デネブ(1.2等級)

わあ(´∇`)明るい

因みに、ベガは織女星 アルタイルは牽牛星としても有名ですが、きゃつらは14.8光年離れているらしい。雨降らなくてもデートなんて無理だろ(゜Д゜)

距離といえば、地球からベガは25光年 アルタイルは17光年ですが、デネブは1800光年も離れており、太陽の直径の20倍もあるでかい星で、シリウスと同じくらいの位置にあれば満月より明るいそうです。

探してみてね。
posted by よる子 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

3ヶ月半ぶりの星空

台風が雲を全部持って行ってくれ北風が吹いているお陰で、今宵の空は澄み切ってます。

3ヶ月半ぶりの星空。
この感動をどう表現しようか。

春とは全く違う星模様。
私が一生懸命探していた真珠星はもう西の空へ。頭の上には白鳥に鷲に琴に竜。大熊の尾の先には麦刈り星を含む牛飼い座。その上では冠が輝き、ベロニケの髪までこんばんは。

黄道はやはり楽しい。
賑やかで楽しそうだ。想像力を掻き立てられる。古代の人々の夢を想う。乙女座に天秤座、蠍座に射手座に山羊座。

とにかく目をひいたのは木星だった。
ずーっと見たかったけど今年はチャンス。本を見ずともわかりました。
他の星は赤や青に輝きながら瞬きを見せるのだけど、木星にはそれがない。ただ煌々と黄道上に輝く。それのなんと美しいことか。

流れ星も見えた。
赤い流れ星が一筋。あっと言った時には筋を残しながら、消えていった。



もー星最高ですよ!!
あ゛ーーーーwww(壊れ)しあわせの絶頂です。星見ながらしあわせ感じる自分はしあわせもの。
posted by よる子 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

春の星

夜、仕事から帰ってくる時に必ず空を見ながら無駄に時間をかけて歩いてましたが、冬の大三角形が西の方に見えるようになりました。アルデバランは見えても、ヒアデス星団やプレアデス星団はもはや街の明かりで見えないし。

その代わりに春の星座が割と早い時間でも見られますね。獅子座、大熊座、牛飼い座、乙女座辺りが探しやすいです。

まず、獅子座はクエスチョンマークを裏返したような形の獅子の大鎌を基準に探すと良いです。今、近くに赤っぽく土星も見ることが出来ます。

それから、大熊座。
これは北斗七星を探すと早いです。北斗七星は大熊の背中の部分にあたり、ひしゃくのような形をしています。わからない人はあまりいないかと思いますが、どうしてもわからなかったら『おおぐまのしっぽ』と星を数えながら7つの星を探してみて下さい。

ひしゃくの柄をたどっていくと、赤い星にたどり着きます。それが牛飼い座のアルクトュールスです。

更にたどっていくと、青白い星があります。それが乙女座のスピカ。日本では真珠星と呼ばれています。

アルクトュールスとスピカの2つを夫婦に見立て、夫婦星と呼ぶこともあるそうです。

この辺りの星をおさえておくと、他の細々とした星が非常に見つけやすいので、皆さま探してみて下さいな。
posted by よる子 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

カシオペア座

有名な星座ですね、カシオペア座。
W字形の星座です。
北極星を見つける時に便利な星です。


cassiopeia.jpg


見頃は晩秋から初冬にかけてでしょうか。
この時期にはM字形になって見えます。
天の川の中にあり、地平線の下に沈まずに、北極星の周りを回る「周極星」です。

カシオペア座は、古代エチオピアの妃をかたどった星座です。
起源は極めて古く、紀元前3500年頃だとか…!!

古くは、ギリシャでは「ラコニアの鍵」と呼ばれていました。
ギリシャ南部のラコニアは鍵の発明の地であるといわれており、W字形を鍵に見立てていたといいます。

その他にも、様々な見方があります。
アラビアでは、ラクダのコブやマニキュアを塗った女性の手「ヘンナで染めた手」と呼ぶこともあるようです。
ヘンナとは、古くから黄色の染料や顔料として用いられてきた潅木で、マニキュアの顔料になります。

さて、日本では何と呼ばれていたのでしょうか。
カシオペア座の和名は「錨(いかり)星」です。
W字形を船の錨に見立てたもので、その他にも「山形星」 「弓星」 「蝶子星」 「角違い星」などの呼び名があります。

1572年11月11日に、カシオペアの近くに白昼でも見える超新星が出現しました。
デンマークの天文学者ティコ・ブラーエが詳しく観測したことにより、「ティコの星」と呼ばれるようになったこの星。現在は残念ながら見えませんが、今でも強い電波が放射され続けています。
後にドイツの天文学者ケブラーがキリスト誕生を予言した「ベツレヘムの星」ではないかと推論したのがこの星です。


posted by よる子 at 12:34| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

写真添付忘れ

ちなみに下は我が家のベランダからの景色です。
真ん中にちっちゃく写ってるのが富士山です。
肉眼だともっと大きく見えるのですが、携帯のカメラじゃこれが限界ヽ(`Д´)ノ


huji.jpg


orz




posted by よる子 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォーマルハウト

今日、お使いの帰りにふと空を見上げると雲がなく澄んだ空が見えました。
それから、星がひとつだけ。フォーマルハウトです。

star.jpg

フォーマルハウトとは南魚(みなみのうお)座の1等星で、22光年と太陽系に非常に近い恒星です。1等星の中では私達に4番目に近い星です。水瓶座からこぼれた水を飲み干しているのがこの魚です。

神話によると、テュポンという半身半蛇の怪物に襲われた愛と美の神アフロディテは、咄嗟に魚の姿になってナイル川に飛び込み、何を逃れたといいます。フォーマルハウトは魚の口に位置する星です。フォーマルハウトとはアラビア語で魚の口を意味する「フム・アル・フート」からきていると言われています。

和名は「秋の一つ星」。この時期は夜空も物悲しく明るい星がないのですが、フォーマルハウトだけが一つだけ寂しげに輝いているところからこの名前がつきました。なかなかロマンチックな星です。ちなみに私はロマンチストです、ええw

フォーマルハウトはこの時期だと、夜の9時か10時頃(アバウトw)南の空に見えます。
皆さんも探してみてください。

ちなみに下は我が家のベランダからの景色です。
真ん中にちっちゃく写ってるのが富士山です。
肉眼だともっと大きく見えるのですが、携帯のカメラじゃこれが限界ヽ(`Д´)ノ


全然関係ないのですが、今朝高校の卒業式の夢をみました。
わんわん友達と泣きながら、帰りに学校のそばのローソンに寄ってアイスを食べるというわけわからん夢でしたが、仲の良かった(いや、良い!!現在進行形!!)友人達や、クラスメートがたくさん出てきたりして、ほんわかした気分で目覚めることができました。

…出来たのですが!!
悪友カボチャ(ハロウィン大好き娘なのでここではこう呼ばせていただきます。うはwごめwwカボチャwwww)だけ何故か出なかったんですよっ!!
卒業してからも時々会ったりしてるのに!
やい、カボチャ!!何で出てこないんじゃああああっw


posted by よる子 at 19:11| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。